Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

有名なフォトグラファーであるAlbert Watson氏に究極の印刷品質を提供した新製品HP Designjet Z3200

 
 

ハイライト

  • HP Designjet Z3200フォトプリンターは、アーティストの視覚を印画紙に正確に変換します。
  • 新技術のChromatic Redインクなど、革新的なHPのテクノロジはギャラリー品質の美しい印刷を実現します。
  • 優れたHPのプリンター、メディア、サプライ製品により、プロのフォトグラファーは作品のデジタル印刷をためらうことなく採用することができました。

完璧な印刷を実現

ツールボックス

製品
 » HP Designjetフォトプリンター
サプライ製品
» HP Designjet大判印刷メディア
» HP Vivera 顔料インク
テクノロジ
 » HP DreamColor
プロフォトグラファー
 » Albert Watson 氏(英語のみ)


HP Designjet Z3200

Albert Watson氏の作品は良く見かけます。 バスに乗っているとき、通りを歩いているとき、そして雑誌をめくったりテレビを見ている時、あなたはきっとAlbert Watson氏の写真に出会っていることでしょう。 フォトグラファーとして40年以上に渡るキャリアを持つ彼の作品は、世界中で見られるファインアートから、VogueRolling Stoneなどの表紙を飾る商業写真まで、非常に広範にわたっています。

国際見本市を飾る写真であろうと、ファインアート印刷の作成であろうと、Watson氏はフォトグラファーと印刷オペレーターという、同じぐらい重要な2つの役割を担っています。 印刷オペレーターとして、Watson氏は自分の視覚を印刷に変換するときに細心の注意を払っています。新製品のHP Designjet Z3200フォトプリンターは、その表現性、一貫性、パフォーマンスによって、作業を正確に実行します。

HP Designjet Z3200フォトプリンターは、セレブリティや王室関連から貴重な芸術品、個人旅行記におよぶWatson氏の多様なポートフォリオで必要となる高品質のカラーとモノクロプリントを提供します。 さらにこのフォトプリンターは、Watson氏が自分の視覚を伝え、アーティストそして事業家としての成功を維持するために必要な能力を備えています。

「フォトグラファーにとって最も重要なことの1つは、眼からフィルム、フィルムからスクリーン、そしてスクリーンから印画紙への変換作業です。 HP Designjet Z3200の実力は、驚くべきものです。」とWatson氏は説明しています。

深み、品質、鮮やかさ
Albert Watson氏

「HP Designjet Z3200を使用することで、自分の作品を1枚の紙に写しかえることができる。しかも、このような深み、品質、そして鮮やかさで。
そしてそれはフォトグラファーが何よりも必要としているもの、すなわち一貫性を与えてくれる。」 


Albert Watson氏、
ファインアート フォトグラファー

Watson氏はフォトプリンタに完璧を求めています。 HP Designjet Z3200はHP 73 Chromatic Redなどのインクを新たに追加して、さらに色域を広げました。これを利用して、Watson氏はレッド、グリーン、ブルーの濃淡をより鮮やかに表現しています。 そしてHP Quad-Blackインクは非常に正確なニュートラルグレーを再現し、実に見事なモノクロ印刷を実現しています。

「HP Designjet Z3200を使用することで、自分の作品を1枚の紙に写しかえることができる。しかも、このような深み、品質、そして鮮やかさで。 そしてそれはフォトグラファーが何よりも必要としているもの、すなわち一貫性を与えてくれる。」 とWatson氏。

HP Designjet Z3200フォトプリンターを使用することで、Watson氏は、一連の作品や特別仕様の限定版をプリントする際にも確実で正確な色を繰り返し再現することができます。 HP Color Centerでは、i1カラーテクノロジーが採用された内蔵分光測光器を利用することで、画像の取り込みからプリント完成に至るまで、プロファイリングとキャリブレーションが容易になりました。 1

HP Designjet Z3200フォトプリンターに搭載されたHPの先端技術は高品質と一貫性を提供しています。これには以下が含まれます。

  • HP Vivera顔料12色インク印刷システムを使用した高い彩度
  • HP Gloss Enhancer(グロス・エンハンサー)により、ほとんどの
    光沢フォトペーパーで高度な光沢の均一性とブロンジングの低減が実現2
  • ディスプレイからプリントに至るまで色の一貫性を実現する、HP DreamColorテクノロジを用いた正確なキャリブレーション


重要なことに集中する
顔

HPの革新技術に支えられ、Watson氏はより効率的に作業を行え、最も重要なこと、すなわち自分のアートに集中することができます。Watson氏はHP Designjet Zシリーズを1年以上利用しており、Z3200は彼のスタジオに今回新たに加えられた最新モデルです。 これまでに、Watson氏はHP Designjet Zシリーズのプリンタで何千平方フィートにも及ぶ印刷物を作成しています。

「Zシリーズのプリンタは実にすばらしい。 最小限のメンテナンスしか必要としないうえに、信頼できるパフォーマンスを発揮してくれます。」とWatson氏は説明しています。

HP Designjet Z3200フォトプリンターのインクとプリントヘッド・テクノロジーによって実現した問題が起こる前に定期的に行われるメンテナンスのおかげで、Watson氏の印刷作業が中断されることはありません。

  • 自動で定期的に行われるメンテナンスによって実現したパフォーマンスの最適化、プリントヘッドの寿命の最大化、およびインクの効率性の向上3
  • プリンタのノズル詰まりを防ぐオプティカルドロップ検出器により、印刷の目詰まりが解消


また、50種類以上のHP大判印刷メディアをサポートしているので、HPプラススーパー厚手マット紙、HP Matte Litho-realistic Paper(日本未発売)をはじめ、彼が最もよく使用するメディアを簡単に切り替えることができます。 さらにHP Vivera顔料インクと、HP純正用紙を使用する場合には、色は持ちが長くて耐水性に優れており、200年以上の耐光性があります。4

印刷技術

「他の誰かが自分の作品を印刷してもまったく意味がありません。 印刷は自分でする必要があります。HP Designjet Z3200はすばらしいテクノロジでこれを実現してくれます。」

Albert Watson氏、
ファインアート フォトグラファー



新製品のHP Designjet Z3200はファインアート フォトグラファーが常に望んできたこと、すなわち、自分の作品を最初から最後まで管理できるようにします。 今、そのビジョンはこれまでよりもはるかに簡単に実現できます。

「優れた印刷オペレーターというのは存在しません。 優れた印刷ができる優れたフォトグラファーがいるだけです。」とWatson氏は述べています。 「他の誰かが自分の作品を印刷してもまったく意味がありません。 印刷は自分でする必要があります。HP Designjet Z3200はすばらしいテクノロジでこれを実現してくれます。」


1このHP DesignjetフォトプリンターにはXrite社のi1分光測光器が内蔵されています。 HPはXrite社との緊密な協力によって、お客様の使いやすさ、品質、 信頼性への要求に応えるために厳しいテストをし、信頼性のあるソリューションを提供しています。
2 HPグロス・エンハンサーを使用すると、気になるブロンジングが最小限に抑えられます。 HPのグロス・エンハンサーはマット仕上げの用紙以外のフォトペーパーに使用できます。 .
3 HP社内で実施されたテストからは、、HP Designjet Z3200フォトプリンターシリーズが日常的なメンテナンス作業中に使用するインク量は他ベンダのプリンタと比べて少なくとも30%は少ないことがわかっています。
4 HPのフォトペーパー、ファインアートペーパー、特殊紙について実施されたテストでわかった、HPイメージ・パーマネンス研究所(HP Image Permanence Lab)による画像の耐久性。 現在、ウィルヘルム・イメージング・リサーチ社(Wilhelm Imaging Research, Inc.)(英語)で確認試験が実施されています。詳細については、次のサイトにアクセスしてください。 www.hp.com/go/supplies/printpermanence.