Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

英国のサイン出力業者は、HP Designjet L25500によってビジネスチャンスを拡大

 
 
HP Designjet L25500でプリントされたエレベーターのドア装飾

ハイライト

  • 従来からHPのDesignjet プリンターユーザーであるPress On Digital Imaging社は、新たにHP Latexインクを搭載したHP Designjet L25500を導入しました。
  • 水性HP Latexインクは、溶剤系インクに比べ同社の作業環境を飛躍的に改善しました。
  • 速乾性のあるHP Latexインクは作業時間を大幅に短縮し、Press On Digital Imaging(PODI)社の新たなビジネス獲得に貢献しています。

企業の業績を左右する技術

ツールボックス

製品
»HP Designjet L25500
» HP Latex プリンティングテクノロジー
» HP Designjetプリンター一覧
» サイン & ディスプレイ向け製品 & サービス
競争の激しいサイン & ディスプレイ市場では、テクノロジーがビジネスの成功を左右することがあります。成功している企業は、積極的に新しいテクノロジーに投資しています。Press On Digital Imaging社(PODI)は6年以上も最新のHP Designjet プリンターを選択しています。英国に拠点を置く同社は、先日、HP Latex インクを搭載したHP Designjet L25500を初めて導入した企業の1つです。

小売り、イベント、建築関係のお客様を抱えるPODI社は妥協を許さないパフォーマンスを必要としており、HP Designjet L25500を存分に活用しています。「使いやすく、屋内外両方のプリントに対応可能なオールラウンドな製品を必要とする人にとって、これは理想的なプリンターです」とPODI社のマネージングディレクターであるAndy Wilson氏は言いました。「また、HP製品は信頼性が高いことで有名ですが、それはHP Designjet L25500にも当てはまります。そして、HP Latexインクは作業環境を改善し、他社との競争で優位に立つことができました」

様々な用途に使える利便性と高い生産性

「使いやすく、屋内外両方のプリントに対応可能なオールラウンドな製品を必要とする人にとって、これは理想的なプリンターです。また、HP製品は信頼性が高いことで有名ですが、それはHP Designjet L25500にも当てはまります。そして、HP Latexインクは作業環境を改善し、他社との競争で優位に立つことができました」

Andy Wilson氏

(PODI社の
マネージングディレクター)

様々な用途の大判プリントを求める顧客をたくさん持つPODI社は、屋内外両方のプリントに対応可能なHP Designjet L25500の恩恵を受けています。HP Latex インクは、近距離からの鑑賞にも堪えるシャープで鮮やかな画質、さらに雨風など自然の厳しさへの耐候性を持つプリントを提供します。


PODI社は早速、屋内外向けのプリントで、これらの特徴をテストしました。PODI社は、耐候性のある粘着ビニールを使って、ロンドンのモール内にあるエレベータのドアに貼る国際的なコーヒー会社の広告をプリントしました。さらに、同社はロンドン・ヒルトン・パーク・レーン・ホテルの工事現場を囲む2.5mの壁に貼る屋外用プリントも作成しました。両方の仕事において、できあがったプリントはとても素晴らしく、時間もかかりませんでした。


HP Latex インクの速乾性が重要だった、とWilson氏は述べています。エレベーターのドアに貼るプリントのケースでは、PODI社は溶剤インクを使ってプリントした場合と比べて、乾燥に必要な時間を8時間以上短縮することができました。さらにPODI社は、ヒルトン向けのプリントでは乾燥にかかる時間を36時間節約しました。このおかげで、PODI社はたったの3日で、50平米を超える広告を作成することができました。


HP Designjet L25500は様々な用途に使用でき、作業にかかる時間を短縮できるので、厳しい締め切りに間に合わせる上で、大きな力になっています。そして、HP Designjet L25500があるおかげで、PODI社は仕事を多数獲得できました。「仕事が速くなければ、この業界でビジネスを獲得できません。HP Latex インクを使えば、プリントが乾いているかどうか、もう気にする必要はありません。そして、われわれは競合他社よりも遙かに早く仕事を終わらせることができるのです」とWilson氏は言いました。


環境意識の高い顧客にアピール

HP Designjet L25500でプリントされた屋外看板

水性HP Latex インクを搭載したHP Designjet L25500はエコソルベントインクが持つ数多くの利点を引き継いだ画期的な製品で、環境や健康、安全面を気にする必要はありません。プリントサービスを提供する企業に大きな利益をもたらします。これらのインクは有害大気汚染物質(HAP)も含まれていません。1さらに、引火性でも可燃性でもありません。2これらの性質は、プリンターを操作する人により良い作業環境を提供します。

環境意識の高い顧客にも大きな利益をもたらします。HP Designjet L25500が出力するプリントは臭いがしません。3

顧客およびプリンターを操作する人にとっての利点は、他社との競争においても有利に働きます。Wilson氏によれば、英国の多くの顧客は、プリントが環境に及ぼす影響を非常に重視しているそうです。「環境により配慮した製品があれば、顧客の関心を引き、ビジネスを勝ち取ることができます」と同氏は話します。

信頼性の高いプリンターへの積極投資

「仕事が速くなければ、この業界でビジネスを獲得できません。HP Latex インクを使えば、プリントが乾いているかどうか、もう気にする必要はありません。そして、われわれは競合他社よりも遙かに早く仕事を終わらせることができるのです」

Andy Wilson氏

(PODI社の
マネージングディレクター)
大判プリントビジネスでは、ミスが発生したり、締め切りに遅れたりすることがあってはなりません。それには、常に信頼できる製品が必要です。自分がHPを選ぶ最大の理由の1つは信頼性が高いことです。

「必ず締め切りに間に合わせられるという確信がなければ、ビジネスを取りに行くことができません」とWilson氏は言います。もしプリンターが故障したら、私は顧客を永遠に失うことになりかねません。われわれは中小企業なので、新たなテクノロジーを投資をすることは常に難しい判断が必要です。私の経験から言って、HPの製品は一貫して信頼性に優れています」



1インクに関しては、アメリカ環境保護庁の311方式(Method 311)により有害大気汚染物質のテストを実施(2008年)し、汚染物質は検出されませんでした。HAP とは、大気汚染物質の対象にはなっていないものの、大気浄化法によって人間の健康や環境に害を及ぼす恐れがあると定義されている大気汚染物質のことで す。
2水性HP Latexインクは、米国連邦運輸省や国際的な輸送関連規制では、引火性および可燃性のある液体とは分類されていません。これらの材料は米国環境保護庁の1020方式(Method 1020)によるテスト済みであり、引火点は110℃超となっています。
3 HP Latex インクを搭載したプリンターは、内蔵ヒーターによって、Latex ポリマーフィルムを硬化処理します。一部の用紙には、固有の臭いがあるものもあります。