Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

新興出版社のBlurb社、HP Indigo デジタル印刷機を軸としたビジネス展開によりグローバルマーケットに進出

 
 

「HP Indigoをビジネスの根幹に置くという判断は、これまでに私たちが行った最高の意思決定の1つでした」

— Eileen Gittins氏
最高経営責任者(CEO)
Blurb社

Eileen Gittins氏の話は非常に興味深い内容です。Gittins氏は2003年、自作のフォトエッセイ本を出版しようと思い立ちました。必要な部数は40部だけでしたが、同氏はそれらの印刷品質の妥協が許せず、何とか市販される書籍と変わらない品質に仕上げられないかと頭を悩ませていました。残念なことに、プロフェッショナル品質の書籍を必要な小ロット分だけ制作できるような方法は存在しないとにすぐ気づいたのです。

逆にこれを好機と捉えた同氏は、Blurb社の創設に至りました。Blurb社は、シンプルなドラッグアンドドロップ式のソフトウェアを使ってあらゆる書籍をデザインできるようにする創造的な出版プラットフォームで、ブックカバーや製本まで、最高級の画質を提供します。

ハイライト

  • Blurb社はHP Indigo Digital Pressを軸として、市販される書籍と変わらぬ品質を提供する書籍制作サービスを展開しています。
  • HP Indigoはプロの写真家までも唸らせるオフセット品質を提供します。
  • 必要な時に必要な部数を望むお客様の要求を最もコスト効率の高い方法で実現します。


ツールボックス

業種
»出版 & トランザクション印刷向け 製品 & サービス
  
製品
»HP Indigo 7000 Digital Press
»HP Indigo W7200 Digital Press
»HP Indigo Digital Press 一覧
»この事例のPDF(英語)


Blurb社を成功に導くために、Gittins氏はプロの写真家も唸らせるような品質に加え、小ロットでも利益を出せる書籍作成の方法を見つける必要がありました。 さまざまな選択肢を検討した結果、同氏はプリントオンデマンド機能を備え、一貫したオフセットおよび写真品質での印刷が可能なHP Indigo press 5500とHP Indigo 7000 Digital Press、そしてHP Indigo W7200 Digital Pressを選びました。

「現在のオフセット印刷では、このようなビジネスは不可能です」とBlurb社のCEOとなったGittins氏は話します。「1部、10部はもちろんのこと、100部の書籍でさえも経済的に割に合わないからです」(Gittins氏)

「HP Indigoは、品質とコストの両立を現実化させたのです」


新興企業からグローバル企業へ

やがて、Blurb社のビジネスはグローバルマーケットに拡大し、印刷およびフルフィルメントを国際化させる必要が生まれました。Blurb社のグローバル展開を見据え、世界中の独立系デジタルプリントサービスプロバイダーと提携関係を結びましたが、その多くを引き合わせたのはHPでした。

「私たちが世界中の経験豊富な印刷ベンダーを探す上で、HPは大きな助けとなっています」とGittins氏は話します。60カ国以上のプリントサービスプロバイダーで構成される、80台以上のHP Indigo Digital Pressを運用するネットワークのおかげで、Blurb社の顧客はたった数日で自作の書籍を受け取ることができるのです。

また、HP Indig Digital Pressは顧客のページ数や部数などの要求に柔軟に対応できる制作サービスを提供することができます。Blurb社のユニークなプラットフォームは、顧客のコスト節約にも影響を及ぼします。決まりきった大ロット固定データの大量印刷に縛られず、中小企業から個人までの多くのお客様誰もが、自分だけの書籍を作成して、小ロットから発注することができます。

高品質を手ごろな価格で

Blurb社は当初、カラー書籍の印刷にHP Indigo press 5500とHP製以外の印刷機の両方を使用していましたが、顧客はすぐにその違いに気づきました。並べて比較してみると、HP Indigoの出力結果の方が、モノクロ印刷の中間色がより細やかで肌の色合いの幅も広く、より幅広い色域を再現していました。Blurb社の顧客が選んだのは、HP Indigoでした。現在では、Blurb社は全てのカラー書籍をHP Indigo Digital Pressで印刷しています。

「HP Indigoを基本としたプリンターの編成は、私たちがこれまでに行った最高の決定の1つでした。HP Indigoは本当に次元の違う画質を提供してくれます」とGittins氏は話します。

HP Indigo W7200 Digital Pressは最大7色の印刷が可能で、PANTONE® Goe™を含む4色、6色、7色のPANTONE®エミュレーションによる最も広い色域をデジタル印刷で提供します。 HP Indigoインク混合システムにより、PANTONEカラーの97%の色域を再現することができ、ブランドカラーなどにも完璧にマッチさせることができます。 さらに、HP Indigo W7200は、A4サイズで240ページ/1分(ppm)の高速印刷を提供することに加え、多種多様なメディア、最大長980 mmのフォーマットサイズ、およびインラインの後加工にも対応するといった特長を備えています。

出版の新たな章の始まり

2009年におけるBlurbの現時点までの売上高は、前年同期比で185%増加しています。Blurb社は制作面での柔軟性と傑出した品質を提供することを両立し、HP Indigo Digital Pressを軸とした事業を継続的に成長させることができます。Gittins氏は次のように説明しています。

「Blurbの書籍が持つ完成度の高さは、BlurbとHP Indigoテクノロジーを使って誰もが実現できる品質の高さを証明しています。


最高級の印刷によって完成した最高級の作品を披露するほど素晴らしいことはありません」(Gittins氏)