Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

Serigrafia Pioner社はデジタル印刷への移行によって、看板印刷の技術を高めました。

 
 

「硬質素材と軟質素材の両方について デジタル印刷に移行したので、 私たちは以前は参入していなかった 分野の仕事も 受注できるようになりました」

— Serigrafia Pioner社
ゼネラルマネージャー
Javier Clemente氏

Serigrafia Pionerは40年以上にわたって、最高品質のスクリーン印刷サービスの提供に取り組んできました。Serigrafia Pioner社は、伝統に根ざした、スペインを代表する看板とグラフィックスの製作会社ですが、最新の印刷テクノロジーを取り入れることも重視しています。

ハイライト

  • Serigrafia Pioner社は複数のHPグラフィックアーツプリンターを導入して、アナログ印刷からデジタル印刷への移行を果たしました。
  • HP Scitex FB7500プリンターの多様性と優れた印刷速度は、新たな収入源をもたらしました。
  • 現在、Serigrafia Pioner社はデジタルプリンター1台を使って、4台のスクリーンプリンターが処理していた仕事を半分の時間で終わらせることができます。


ツールボックス

業種
»サイン&ディスプレイ向け製品&サービス
»その他のお客様事例はこちら
  
主要製品
»HP Scitex TJ8600プリンター
»HP Scitex XP5100プリンター
»すべてのHP Scitexプリンター
 
 »この事例のPDF(英語)
 

Serigrafia
何年も前から印刷業界のテクノロジーの進化に注目してきたゼネラルマネージャーのJavier Clemente氏は、2007年に転換期が訪れたことに気付きました。同氏は、デジタル印刷によってお客様の変化し続けるニーズにより効果的に対応できることを悟ったのです。そして、いくつかのオプションを評価した後、Clemente氏は同社初のデジタル印刷ソリューションとしてHPを採用しました。

Serigrafia Pioner社はHP Designjetプリンターを導入して、バックライトディスプレイを作成し、短時間で成果を上げました。「このプリンターは非常に高い品質の印刷が可能です」とClemente氏は話します。「このプリンターですばらしい体験を得たため、私たちはデジタル印刷を応用できるほかの分野にも目を向けました」

迅速な行動

1台目のデジタルプリンターを設置して以来、Serigrafia Pioner社は同社のプリンター群にHPデジタルソリューションを追加し続けています。今では、Serigrafia Pioner社はHP Scitex FB7500とHP Scitex TJ8600、HP Scitex XP5100プリンターを運用しています。プリンターを導入するごとに、看板とグラフィックスを扱うSerigrafia Pioner社は1つ上の次元に進みました。

「デジタルプリンターが私に与えてくれるものは何でしょうか」 とClemente氏は尋ねます。「それは私が必要としている優れたスピード、市場とお客様が必要としている優れたスピードです」 競争力と重要性を維持するためには、プリンターを常に生産可能な状態にしておく必要があるとClemente氏は説明します。

Javier Clemente氏

「今日必要とされているの
は優れたスピードです」



そして、Serigrafia Pioner社の新しいデジタルプリンターは正にそれを実現します。HPプリンターを導入して以来、Serigrafia Pioner社は24時間サービスを提供する企業に変身し、新しいプロジェクトや、過去には利益を出すことが不可能だった仕事に取り組んでいます。

新しいテクノロジーで、新しい機会を

Serigrafia Pioner社の主要顧客の1つであるEl Arbol(スペインで全国展開しているスーパーマーケットチェーン)は先ごろ、デジタル印刷に最適な看板印刷プロジェクトをSerigrafia Pioner社に依頼しました。El Arbolはリブランドし、420以上の店舗に展示する新しいグラフィックスの印刷をSerigrafia Pioner社に依頼しました。

このプロジェクトには、屋内外用の看板、ディスプレイ、背景をさまざまなメディアに印刷する作業が含まれていました。El Arbolから要望のあったメディアは非常に独特だったとClemente氏は指摘します。「さまざまなフォーマットがあり、それぞれが大きく異なっていました。この作業を従来の方法で行うのは、時間とコストの面で絶対に不可能だっただろうと言わざるを得ません」

新たに導入したHPプリンターによって、Serigrafia Pioner社は大量の看板を多様な素材に印刷し、全てを予定通りに納品することができました。

全てをカバーするテクノロジー

デジタルプリンターを導入して以来、Serigrafia Pioner社は事業の拡大とターンアラウンドタイムの向上、ダウンタイムの短縮を実現しています。

そして、HPプリンターを使って高品質の印刷物を作成できるようになったことで、ビジネスチャンスも増えています。Clemente氏は先ごろ、ビルボードの月間キャンペーンに関する独占契約を獲得しました。Clemente氏はこの分野で競争していくための最高のマシンを所有していると確信しています。

「スクリーンの準備やそれぞれの色ごとのステンシルフィルム作成、インクの調合が不要なので、コストを削減することができます。スクリーン印刷ではPANTONE® Colorシステムを使用しないので、自分で色を調合する必要があります。この作業には時間がかかります」とClemente氏は言い、 一部の作業について、次のように説明します。

「従来型のスクリーン印刷はデジタル印刷にかないません」