Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

Calau & Riera社、HP ePrint & Shareにより設計プロセスの合理化と共同作業体制の強化を実現

 
 

「HP ePrint & Share ソリューションを活用することで、更新した情報を効率的に共有できます」

— Calau & Riera社
(Office Bcn S.L.)
共同経営者、建築士
Luis Calau氏

スペインのバルセロナにある建築事務所Calau & Riera社(Office Bcn S.L.)では、世界中の新聞社、ラジオ局、テレビ局のために様々な機能を統合したニュース編集室を設計しています。これは時間的制約が厳しい専門性の高い仕事です。

ハイライト

  • Calau & Riera社は図面を迅速に更新、配布、バージョン管理をするために、HP ePrint & Shareを活用しています。
  • 新たなファイルをクラウドにアップロードすることで、ファイルの入手と共有が簡単になり、外国にいるチームメンバーがファイルを印刷できるようになりました。
  • 設計図面が開かれ閲覧されると通知が送信されるため、建築士は毎回最新版の図面が使われていることを確認できます。


詳細情報

業種
»建築・土木 & GIS向け製品 & サービス
»その他のお客様事例はこちら
  
主要製品
»HP Designjet T2300 eMFP
»HP Designjetプリンター一覧
»PDF版(英語)

  
 
同社のプロジェクトでは、インド、ポルトガル、ベネズエラと、大陸をまたいで案件が進行するため、設計とエンジニアリングのチームが国際的に連携して作業する必要があります。

この複雑な共同作業を実現するために、HP ePrint & Share1とHP Designjet T2300 eMFPが利用されています。このHPテクノロジーの活用により、建築士は図面を迅速に更新、配布、バージョン管理をし、ペースの速い世界規模の設計業界での競争力を維持できます。

新しい機能と従来の手法

Calau & Riera社の建築士は、HP Designjet T2300のスキャン機能を活用することにより、自由な手書き図面とコンピューターを使った効率的な合成技術を組み合わせることができるようになりました。「打ち合わせでは机の上にすべての設計図を開いて、図や修正を手書きで加えていきます」と共同経営者のLuis Calau氏は言います。

手書きで修正された設計図は、HP Designjet T2300 eMFPでスキャンされます。HP ePrint & Shareを安全なオンラインファイルセンターとして活用し、オートデスク社のAutoCAD2と統合することにより、建築士による手書きの変更をベクターに変換して、元の設計図に取り込むことができます。

「修正した設計図をHP ePrint & Shareでスキャンして、ファイルに取り込み、製図者へ送信できます。これにより、昔のような柔軟な作業が再び可能になりました」とCalau氏は言い、 次のように付け加えました。 

Luis Calau氏

「これは建築士の思考方法に近い、より自然な作業方法です」


いつでも最新版の設計図

建設では、最新版の設計図を使用して作業することが不可欠です。複雑な設計は毎日変更されるため、Calau & Riera社の国際チームメンバーは新たなファイルがアップロードされた場合には通知を受ける必要があります。ファイルを一元的に保存、整理、および入手できる場所も必要です。

「HP ePrint & Shareソリューションを活用することで、更新した情報を効率的に共有できます」とCalau氏は言います。このソリューションにより、権限を与えられたユーザーであれば、ほぼすべての場所からCADファイル、PDF、そのほかのドキュメントにアクセスできます。レコードには各ドキュメントが開かれ閲覧された日時が表示されます。ファイルが新たに追加されると、電子メール通知システムにより、チームメンバーへ通知が送信されます。

これらの機能により、同社のドキュメント共有プロセスの信頼性と効率が向上しました。「新たなドキュメントがアップロードされことがすぐに分かり、そのドキュメントがダウンロードまたは閲覧されたかどうかも把握できるため、すべてのプロジェクト関係者が最新の情報を確実に入手していることを確認できます」(Calau氏)

モビリティの向上と持ち運びの負担軽減

最近までCalau & Riera社の建築士は、印刷された設計図を顧客や協力者のオフィスに持っていく必要がありました。HP ePrint & Shareを利用するようになってからは、設計図が入った筒をわざわざ持っていく必要はなくなりました。このソリューションにより、クラウドやUSBデバイスを利用して、チームメンバーのWeb接続されたHP Designjetプリンターに設計図をダウンロードして印刷できます。同氏は次のように説明しています。

「すべてのプロジェクトでHP ePrint & Share
を利用するようになりました」

「HP Designjet T2300を業務に取り入れたことで、設計図の印刷能力が向上し、時間効率が高まり、より動的な作業が可能になりました」

1 アップグレード可能な機能は、2011年春の提供を予定しています。プリンターのインターネット接続が必要です。この機能はインターネットと電子メールに対応したデバイスで使用できます。
2 このサービスをCADアプリケーションに統合して印刷の複雑さを軽減する、AutoCADユーザー向けのHP ePrint & Shareプラグインを提供しています。このプラグインをワンステップで適用することにより、印刷プレビュー、 既存のページからの直接ページプリセット、 印刷時のPDF自動生成を利用できるようになります。ファイルをHP ePrint & Shareライブラリに直接アップロードすることにより、ファイルの再印刷、リモート印刷、プロジェクトチーム内での共有が可能になります。