Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

HP Designjet L25500で用途と印刷キャパシティを拡大し、大学内での印刷需要に対応

 
 

「HP Designjet L25500のおかげで、 コストと時間、労働力を節約できました。しかしもっと素晴らしいのは、可能性が 無限に広がったことです」

— Francisco Quinonez氏、
調達担当アシスタントディレクター、
カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校印刷サービス

大学のキャンパスというのは活気のある場所です。カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校(CSUDH)では、大学印刷サービス(UPS)が、キャンパス内の印刷業務の約90%に対応しており、各教科の試験用紙から看板までさまざまな印刷物を作成しています。

ハイライト

  • 大学のプリントショップはHP Designjet L25500を使って、キャンパスさまざまな印刷に対応しています。
  • 大学の印刷サービスは、リサイクル可能なHDPEバナーからHP非塩ビウォールペーパーまで、多様なメディアに印刷することができるようになりました。
  • HP LatexインクとRIPを組み合わせることにより、能率的なワークフローで高品質な印刷物を作成できます。


詳細情報

業種
»サイン & ディスプレイ向け製品 & サービス
»その他のお客様事例はこちら
  
主要製品
»HP Designjet L25500プリンター
»HP Designjetプリンター一覧
»PDF版(英語)

  
 
UPSは、多用途で使いやすく、コスト効率に優れたHP Designjet L25500プリンターを利用して、キャンパス内の多様なニーズに対応しています。このプリンターは優れた品質で印刷できるだけでなく、費用対効果も優れています。

事業拡大が可能に

UPSはこれまで、大半の印刷をHP Designjet 5500シリーズのプリンターで行っていました。しかし作業量が増えるにしたがって、大規模な仕事や複雑な仕事、屋外用途向けの特殊なメディアが必要な仕事の多くを外部に委託するようになりました。1

自身のキャパシティ拡大が必要な状況でした。CSUDHの契約および調達担当アシスタントバイスプレジデントであるEmmit Williams氏は、次のように説明します。

Emmit Williams氏

「事業として、 われわれの選択肢は 発展を止めるか、それとも 発展を続けて拡大するかのいずれかでした」


Williams氏は、「われわれは基本的に、プリントショップを発展させるのか、それとも基本的なサービスの提供のみにとどめて、ほかのジョブは外部に委託するのかについて、大学として決定を下さなければなりませんでした」と付け足し、コスト以外の要素についても検討する必要があったと明かしました。新しいプリンターの購入は、チャンスでした。

さまざまな用途に対応

新しいHP Designjet L25500の導入後、同プリントショップの職員は、汎用性、印刷量、品質が即座に向上したことに気づきました。

調達担当アシスタントディレクターのFrancisco Quinonez氏はUPSの全ての業務を管理しており、HP Designjet L25500の導入効果をこう語ります。「HP Designjet L25500のおかげで、私たちはコストと時間、労働力を節約できています。しかしもっと素晴らしいのは、より大規模で多様なジョブに対応できるようになり、可能性が無限に広がったことです」と彼は言います。

HP Designjet L25500の導入により、UPSはリサイクル可能なHDPEバナーからさまざまな光沢用紙およびマットフォト用紙まで、多様なメディアに印刷できるようになりました。UPSは先頃、大学アートギャラリーからの仕事を引き受け、HP非塩ビウォールペーパーを使用して印象的な壁紙を制作しました。

優れた印刷品質にも注目が集まるようになり、学生や教職員、顧客が印刷の出来映えについてコメントしてくれるようになりました。

ユーザーフレンドリーで環境にも配慮

HP Designjet L25500は非常にユーザーフレンドリーです。簡単に交換できるプリントヘッドと巻き取り装置を備えているため、大規模なジョブでも管理が容易です。このプリンターとRIPを組み合わせることで、UPSではワークフローを効率化し、カラーマネジメントを簡素化することができました。

さらに、HP Designjet L25500は危険物警告表示が不要で、特別な換気装置も必要ないHP Latexインクを使用しています。2 また、プリンターから出力後すぐ使用できる無臭3の印刷物を作成できます。

UPSは最近、CSUの全キャンパスを対象にしたSynergy Projectと呼ばれるプロジェクトで最終選考に残りました。同プロジェクトでは各キャンパスのコスト節約状況を評価し、最優秀者には学長オフィスの印刷および複写サービスを担当する権利が与えられます。CSUのほかのキャンパスは、Williams氏のチームの成功の秘訣に興味を示しています。Williams氏は次のように言います。

「私たちがHPテクノロジーを使って作成した印刷物の品質は、 キャンパス内外の人々から認められています。この品質は 私たちの事業の発展と成功に大きな役割を果たしました 」



1 最良の結果を得るためには、伸縮性のないポリエステルファブリックにプリントしてください。結果は素材によって異なる場合があります。対応メディアの詳細については、メディアサプライヤーにご相談ください。
2 HPラテックスインクでは、職場環境でのVOC暴露に関する米国労働安全衛生局要件を満たすための特別な換気装置は必要ありません。特別な換気装置の設置については、お客様の判断で行ってください。HPからの特別な推奨事項はありません。詳細については、国および地域の要件と規定を参照してください。
3 一部の素材では、特有の臭いが発生することがあります。
4 HPは米国と欧州でHP大判メディア回収プログラムを提供しており、再生可能なHP看板メディアの大半を返却することができます (地域によってはご利用いただけない場合があります)。リサイクル可能な用紙のなかには、一般的なリサイクルプログラムを通してリサイクルできるものもあります。詳細については、www.hp.com/go/carepackにアクセスしてください。現在のところ、このプログラム以外を除けば、これらの製品をリサイクルできるのは一部の地域に限られています。これらの製品のリサイクルについては、地元のリサイクル業者にご相談ください。