Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

O’Neil Data Systems社、HP Inkjet Web Pressを使用した高速印刷でお客様のニーズに対応

 
 

「稼働時間は80%を超えました。これは当社でこれまでに使用した別のメーカーのどの印刷機よりも20%高い数字です」

— O’Neil Data Systems社
運用担当マネージャー
Steve Ellithorpe氏

O’Neil Data Systems社は、大量のバリアブル(可変)データ印刷の領域を熟知しています。同社では、「インベスターズ・ビジネス・デイリー」紙や、財務諸表および目論見書、さまざまな業界のダイレクトメールや出版物などの印刷を行っています。

ハイライト

  • O’Neil Data Systems社は、HP Inkjet Web Pressの製品ラインをすべて所有する初の企業であり、取引先に多様なサービスを提供しています。
  • HP T300を使用して、1日あたり180万ページの4色印刷が行われました。
  • HP T300によるアップタイムは高い状態を維持しており、O’Neil Data Systems社では1日24時間、週6日の印刷が可能です。


詳細情報

業種
»出版&トランザクション印刷向けHP製品&サービス
»その他のお客様事例
  
主要製品
»HP Inkjet Web Press
 »この成功事例のPDF版(英語版のみ)
 

フォトギャラリー


» 拡大表示


  
 
2009年にO’Neil Data Systems社は、100%バリアブルデータを高速印刷できるという理由から、HP T300 Color Inkjet Web Pressを導入しました。HP T300の高い生産性、信頼性、品質により、O’Neil Data Systems社は多くの取引先をデジタル印刷に転向させて、過去最大量の印刷をほぼ中断することなく処理することができました。

O’Neil Data Systems社は先日、HP T200、T300、T350、T400(新機種)など、HP Inkjet Web Pressシリーズをすべて所有する初の企業となりました。

高速印刷

O’Neil社の大変な仕事の1つが、数百万部のお客様に配布する健康保険のご案内一式セット『ウエルカムキット』を印刷することです。これには、レターのカスタマイズや、医師と施設の個別リストの印刷が必要とされます。

HP Inkjet Web Pressは、このような複雑な要求にも対応できるよう設計されており、毎分最大183メートル(600フィート)の速度で100%バリアブルコンテンツを印刷します。O’Neil Data Systems社は、HP T300を使用して、たった3か月ほどで300万以上のウェルカムキットを印刷することができました。

社長のJim Lucanish氏は、2009年以降に生産性が飛躍的に向上していることに気付いていました。

Jim Lucanish氏

「HP T300は、4色印刷で、
かつて稼働させていたモ
ノクロ専用印刷機の4倍
の速度で動作します」



また、HP T300によって、O’Neil社の運用環境も合理化されました。HP Inkjet Web Pressを所有するまでは、印刷需要が大きい場合に複数の印刷機で対応していました。今では、1台のHP Inkjet Web Pressで同じ作業を完遂できます。

最大のアップタイム

O’Neil社のピーク時には、HP T300で1日あたり180万ページの4色印刷が行われました。それほどの量を印刷するには、1日24時間、週6日のペースで確実に印刷機を稼働させる必要がありました。「その3か月間はアップタイムが80%を超えていました」と運用担当マネージャーのSteve Ellithorpe氏は述べています。「これは当社でこれまで使用していた別のメーカーのどの印刷機よりも20%高い数字です」

印刷機の高いパフォーマンスと最小限のメンテナンスにより、印刷物を予定どおりに納品し、より多くの印刷を処理して、収益をアップさせることができました。

印刷品質と色付けによるコンテンツの強化

O’Neil Data Systems社はさらに、HP Inkjet Web Pressがさまざまなメディアに対して高品質の印刷ができることを利用して、提供サービスを拡大させると共に、コスト削減を実現しています。

「ヘルスケア業界の当社の取引先のコールセンターでは、ウェルカムキット内の情報に疑問がある利用者との1回の通話に20分が費やされていました。コスト効率の高い方法で重要な情報に色付けして強調させることで、1回の通話を10分以上短縮させて、各通話で平均10~20ドルのコスト削減を実現しました」とセールスおよびマーケティング部門担当副社長、Mark Rosson氏は述べています。

O’Neil Data Systems社は、最も標準的な非塗工紙にも高品質の色で印刷することでさらなるコスト削減を達成できました。これを可能にしたのは、HP Web Pressによる印刷プロセスで使用した独自のHPボンディングエージェントです。「非塗工紙でも品質の高い印刷が可能なため、89gsm (50ポンド)用紙から、より斤量の軽い74gsm(40ポンド)用紙に変更でき、当社の取引先は郵便料金を約20%節約できています」とEllithorpe氏は説明します。

O’Neil Data Systems社は、HP T400 Color Inkjet Web Pressを設置した初めての企業でもあります。多数のHP Inkjet Web Pressを組み合わせて使用することでさまざまな利点が生まれており、同社はテキサス州にデジタル印刷専門施設をオープンさせようとしています。O’Neil Data Systems社のWebサイトには、次のような記載があります。

「当社にはどのような業務でも成し遂げる余裕があります」