Jump to content
大判プリンター、商用印刷、産業用印刷ソリューション
コミュニティ 
 

GNCでは、HP Scitex産業用プリンターを使用して、カスタマイズされた段ボールや板状素材のパッケージやディスプレイを製作しています。

 
 

「当社は、市場に出回っているあらゆる大判デジタルプリンターを検討しましたが、この価格帯でスピードと印刷品質に最も優れていたのが、 HP Scitex FB7500でした。」

— Great Northern Corporation社、上級バイスプレジデント兼
事業部長
Mike Schliesmann氏

Great Northern Corporation(GNC)社は1962年以来、さまざまなパッケージやディスプレイを製作しています。米国ウィスコンシン州に本社を置くAppleton社は、米国内最大手の段ボールや板状素材の取り扱い業者で、 産業、商業、および小売業の分野で多数のお客様を抱えており、段ボールや板状素材をカスタマイズしたパッケージや店舗用ディスプレイをGNC社に発注しています。

ハイライト

  • GNC社では、HP Scitex FB7500を使用することで、段ボールや板状素材に直接印刷し、製作物を作成できるようになりました。
  • デジタル印刷機能が追加したことで、特に段ボールや板状素材を使用する製作物で高い収益を上げられるようになりました。
  • HP Scitex FB7500によって、GNC社は、作業工程を合理化し、納期を短縮できました。


詳細情報

業種
»その他のお客様事例
  
主要製品
»HP Scitex FB7500産業用プリンター
»HP Scitexのすべてのプリンターおよび印刷機
»この成功事例のPDF版を見る(英語版のみ)

  
 
新たなテクノロジーが次々と登場し、お客様から求められる納期も厳しくなっています。そのような状況の中、市場で競争力を維持するためには、多くのニーズに対応する企業努力を継続する必要があると、GNC社は考えました。そして、詳細な調査の結果、HP Scitex FB7500産業用プリンターを採用し、デジタル印刷機能を追加することを決断しました。

「当社、市場に出回っているあらゆる大判デジタルプリンターを検討しましたが、この価格帯でスピードと印刷品質が最も優れていたのが、HP Scitex FB7500でした」と、Great Northern Corporation社の上級バイスプレジデント兼事業部長であるMike Schliesmann氏は述べています。

用途が短期間の印刷物の品質

GNC社では従来、短期間使用する印刷物の製作を、シルクスクリーンを始めとするデジタルプリンターを取り扱う業者に委託していました。この方法では、特に、異なる種類の制作物を短期間で仕上げることが求められる小売市場においては、利益率が低く、時間的にも大きな制約がありました。

GNC社は現在、HP Scitex FB7500によるデジタル印刷によって、短期間使用する低コストの印刷物やカスタマイズのニーズにも対応できるようになりました。また、HP Scitex FB7500では段ボールなどの波形素材に直接印刷できるため、印刷した用紙を素材に貼り付ける必要がなくなり、作業工程が合理化されました。Schliesmann氏は次のように述べています。

「自社の製造工程のあらゆる場面において、
これまで以上にきめ細かい管理が可能になります。
自社の印刷能力が高くなったことで、これまでよりもはるかに
短納期で製作物を納入できるようになりました。」


GNC社では、単体のプロトタイプ、サンプルの作成、少量で高品質のディスプレイといった依頼の件数も増えました。Schliesmann氏によれば、印刷品質はオフセットにほぼ匹敵し、色や画像にもムラがないとのことです。

Schliesmann氏はさらに、「見たとおりのものを実際に印刷物として製作でき、当社のお客様が依頼主に対して、市場に出回るのと同じ見栄えのものをプロトタイプとして提供できるようになりました」とも述べています。

個別のカスタマイズにも対応

各国で事業展開する飲料メーカーから印刷物をカスタマイズように依頼されたプロジェクトは、GNC社にとって、HP Scitex FB7500独自の優れた機能を活用する絶好の機会となりました。

その飲料メーカーは、ある大手販売チェーンと共同で、癌に対する意識向上キャンペーンをスポンサーとして展開していました。各地域で、癌を克服した社員を掲載したディスプレイを用意し、店舗に設置することにしました。このプロジェクトで使用されたディスプレイは2,500にも及び、18種類の異なる画像を使ってカスタマイズされ、段ボール素材に直接印刷されました。

Schliesmann氏は、このプロジェクトこそ、デジタル印刷に最適なプロジェクトだったと述べ、さらに次のように説明しています。「とてもサイズの大きい大判印刷のプロジェクトだったので、1枚の用紙へのオフセット印刷には適していないと考えました。地域ごとにカスタマイズする必要がありましたが、極めて短納期で費用対効果に優れる方法で作業を進めることができました」 このプロジェクトの作業は約2週間で完了し、業務に対する評価はとても好意的なものでした。

「依頼主は、プロジェクトの結果にとても満足していました。すべての目標を達成し、ディスプレイの見栄えもとてもすばらしいものでした」と、Schliesmann氏は述べています。

増大する要求に対応するデジタル印刷

GNC社は現在、短納期の印刷物の製作のほとんどにHP Scitex FB7500を使用しており、2つ、さらには3つの作業が同時進行することもあります。業務の拡大に伴って、さらに多くのデジタルテクノロジーを採用することも計画しています。Schliesmann氏は、HP Scitex FB7500を採用したことでGNC社がこれまで以上に多くのビジネスを獲得できるようになったと考えており、次のように述べています。

「当社は、従来よりも費用対効果に優れる方法で、
短納期の注文に対応できるようになりました。
これほどコスト効率に優れるソリューションは、
これまでに見たことがありません。」